FC2ブログ

SPQR

古代ローマをこよなく愛する管理人が、日々の生活に関する事柄を思いつくままに載せていくページです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉村楚人冠と世界一周旅行

Salvete!(こんにちは) 、Tiberiusです。

今日は「杉村楚人冠と世界一周旅行」という展示会を見てきました。

「杉村楚人冠と世界一周旅行」。
これだけでは何のことだか分かりませんね。

杉村楚人冠は明治時代の人。
朝日新聞の記者で明治41年(1908年)に行われた世界一周旅行
の発案者で引率者でした。

今から100年前に世界一周ツアー?!
とても驚きました。

ツアーのルートは横浜港からハワイを経由してサンフランシスコ着~
大陸横断鉄道でアメリカ東海岸まで移動してから船で大西洋を横断~
ヨーロッパではイギリス、フランス、スイス、ドイツ、イタリアを周遊~
そしてシベリア鉄道でウラジオストックまで移動し、船で帰国。
全行程96日の大旅行には女性3名を含む54名が参加しました。

料金は2340円、現在の金額で約1000万円(!)だったそうで参加者は
大商人や地主の他に教師や学生(親が旅行代を出したのかな?)、
株式仲買人等がいたとのこと。

ツアーの様子は朝日新聞で随時報告されていたのはもちろんのこと、
イギリスやアメリカでは現地の新聞でも大きく取り上げられたそうです。
またアメリカでは大統領との面会もあったそうで、参加者への「一番
印象に残った出来事は?」というアンケートでは大統領との面会を
あげた人が一番多かったとのことでした。

意外だったのは参加者の参加動機で「仕事の役に立つから」というのを
あげている人がいること。欧米と比べればまだまだ日本は後進国と
されていた時代のこと、日本の先を行っている様々なものを見てみたいと
いう気持ちが強かったのでしょうね。実際、数名の人は途中でツアーから
外れて工場や株式市場の見学に行ったそうです。

一方でポンペイのローマ遺跡を見学したある人は「上下水道の設備が
今の東京と殆ど変わらないことに驚いた。東京はアジアで一番の都会だと
威張っているが、実は2000年前のローマ帝国の田舎町にやっと追いついた
だけなのだ。」と感想を述べていて、ローマ好きのTiberiusはちょっとにやっと
してしまいました。

他にもここに書ききれないおもしろい話が色々あるのですが、
あまりに長くなるのでこの辺で止めときます。
ってもう十分長くなってますね、すみません。

Tiberiusは昔の人の旅行話っていつの時代、どこの地域の話でも大好きなんですよ。
なので、今回も展示品を一つ一つじっくり見てしまいました。
特に参加者が書いた感想文や日記を原文のまま読むと「生の迫力」
とでも言うのでしょうか、臨場感が伝わってくるような気がします。

ちなみにツアーで訪れた都市のほとんどは、
今なら飛行機で12時間前後で行けてしまうような所です。
便利になったものですね。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Tiberius

Author:Tiberius
ローマ風の鎧を着てみました。
気分はローマ軍の百人隊長です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。