FC2ブログ

SPQR

古代ローマをこよなく愛する管理人が、日々の生活に関する事柄を思いつくままに載せていくページです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月山中湖 鍋合宿①

Salvete!(こんにちは) 、Tiberiusです。

先月行ったきたばかりの山中湖にまたまた行ってきました。

きっかけは前回の合宿での旦那チームの会話。
温泉につかりながら「このメンバーで鍋やるのもいいね」
みたいな話を冗談でしてたら本当にやることになってしまいました。

参加メンバーは前回と同じくN夫妻、T夫妻、Tiberius家の計6人。
残念ながらH家は今回も欠席となってしまいました。
いつかH家も一緒に鍋を囲んでみたいものです。

前回は我が家のクロスト君にT夫妻に乗っていただいて4人で山中湖
に向かいましたが、今回はN夫妻に乗っていただいて夜中に出発。
毎度のことですが、友人と再会して、荷物を車に積み込んで、いざ出発!
という瞬間が一番わくわくします。

順調に夜中の高速を巡航して別荘着。
東京より気温が数度低い山中湖に夜中に着いたので寒さが堪えます。
でもこれはN夫妻から聞かされていたことなので想定範囲内。
寝る前にウエルカムドリンクと称して飲んだ電気ブランが美味でした。

N夫妻の別荘には何回もお邪魔させていただいていますが、
2ヶ月連続で遊びに行くのは初めて。
前回からたった一ヶ月しかたっていないのに別荘周辺は
紅葉や落ち葉ですっかり秋の風景になっていました。

翌日は初挑戦のうどん屋(いつも行く白須うどんに負けず劣らず美味でした)で
吉田うどんを堪能したあと買出しを済ませてから別荘へ帰宅。
夕方前くらいから仕込みに入りました。
*初挑戦だったうどん屋の名前を忘れてしまいました、不覚!
N家さん、何と言う名前のうどん屋でしたっけ?

今回のお題は鍋。
参加者が6人いるので鍋が一つではちょっとつらいところです。
鍋が二つ必要なら、ということでそれぞれ別な鍋にすることにしました。
片方は鮟鱇鍋、そしてもう一方は地元の「甲州地鶏」を使った水炊きです。

水炊きは鶏がらを2時間半ほどコトコト煮込んでしっかりダシをとります。
鶏ガラ活躍中


各メンバーの手際の良さのおかげもあってあっという間に準備完了。
鍋が二つ並んでいる光景はそれだけで何だかわくわくしてきます。
鍋二つ

手前の鮟鱇鍋、奥の水炊き、どちらも食べごろとなりました。
準備完了

ワインも準備完了
ワイン

水炊き、鮟鱇ともこれ以上はないんじゃないかと思うくらい絶品でした。
鮟鱇鍋は鮟鱇の旨味がしっかり出てて、日本酒と良く合います。
鮟鱇からでも十分なコラーゲンを吸収できますが、お肌が気になる年頃なので
T旦那さん持参のコラーゲン玉を補充してみました。
これで肌年齢が2~3歳若返りました(そんな気がします)。
水炊きも鶏がら効果で鮟鱇に負けない深い味に仕上がりました。
甲州地鶏は以前BBQで食べたことはありますが、今回の鍋でも大活躍してくれました。
こちらにもコラーゲン玉を入れて肌若返りを加速させます。

美味しい鍋と酒に加えて恒例のT旦那さんのライブコーナーも盛り上がりました。
今回は画像がないのですが前回の「俺は焼き奉行」に続いて「俺は鍋奉行」を中心に
アドリブで熱唱していただきました。
T旦那さんが参加する時はこのコーナーは必須です(ってことで次回もよろしくお願いします。)

おいしい鍋の後はおいしいスイーツで〆。
T奥さんに神楽坂の老舗甘味処「紀の善」のお菓子を持ってきていただきました。
神楽坂 紀の善
和食の鍋の後に和のスイーツ。
完璧な取り合わせです。

冬と言ってもいいくらい寒い時に大人数で囲んだ鍋は味だけでなく、
場の雰囲気も含めてとても印象的で記憶にいつまでも残りそうな鍋大会でした。
できればまた来年も集まりたいものです。
その時はH家も是非ご参加を!

おまけ:
今日のワインコーナー

合計6本飲んだ本日のワインの中からTiberiusの印象に強く残った2本を
独断と偏見でチョイスしてみました。

1本目

2002 SOLARIS (日本)
参加者全員絶賛のマグナムボトルのワイン。
時間が経つにつれて香りがひらく素晴らしいワインでした。
SOLARIS 信州千曲川産メルロー

2本目

茅台(マオタイ) (中国)
中国でワインを作ってるなんて知りませんでした。
で、怖いもの見たさ半分でTiberiusが買ってみたのがこれ。
マオタイ
良く見るとラベルに中国の王朝名が書いてあります。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Tiberius

Author:Tiberius
ローマ風の鎧を着てみました。
気分はローマ軍の百人隊長です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。